バックナンバー

日本講演新聞のご案内

日本講演新聞 3005号

どうする時代考証大河ドラマのその裏で、キラリと光る時代考証の仕事

静岡大学名誉教授/歴史学者
小和田哲男

私はNHK大河ドラマの時代考証を担当してきました。今年の『どうする家康』で8作品目です。よく質問を受けるんです。「テレビの字幕に時代考証と出るけれど、どんなことをやっているんですか」と。一口に時代考証といってもいくつかパターンがあり…

社説「笑い屋」になって人間関係を円滑に

中部支局長 山本孝弘

前職で採用面接を担当していた。営業課を希望する人を面接している時に「私は営業経験者です。自信があります」と言う人が来ると少し警戒した。売っている物も違えば、売る相手も売り方も違うのだから、過去の経験などほとんど役に立たない。大切なのは…