ブログ

スタッフブログ

1月 わくわく読む会in神戸♪♪♪

神戸読む会and新年会は、縁起の良いいお名前の素敵なお店

【我龍】さんで開催♪楽しそうですね~美味しそうですね~!(^^)!今年も神戸読む会バンザイ\(^o^)/

2024年 辰年

神戸読む会and新年会を中央区にある

“Garyu”我龍:龍:さんで開催しました。

とても美味しい中華料理ですよ♪♪

まずは。メンバーさんの今年の一文字から

「挑」全てにチャレンジあるのみ:超びっくりマーク:

「広」まだれの中のムは腕を表している

   腕を曲げて包み込む、抱き抱える   

   イメージ。優しく包み込む人で

   ありたい。

「上」足、口角を上げて溌剌に若く

   ありたい。

「楽」楽しそうにしていると、周りも

   楽しくなり         

   楽をすると周りも楽になる。

   仏教では、楽を願うと言うみたいで

   すよ。

「始」枠から離れて新しくことを始める

   起爆剤は「愛」

「撓」しなやかに 風が吹いても柳はしな    

   やかに揺れるような。どんな時も

   柔軟な行動を取れる人になりたい。

<記事感想>

・1/1 第一部 働き好きなんです-

          から逆読みしました。

 12/18 社説 雄弁は銀、沈黙は金 笑い屋   

   になって人間関係を円滑に

 12/11 未来過去転載 徳力を磨く

   商売の原点は人に会う事なんだと

   あらためて感じた。

・1/1 第三部 損得勘定ではなく、聞く価値    

   がある人たちと会い

   読む会をしてることを思いながら

   読んだ。

   第一部 子供の頃から神話を学ばな 

   い、日本はどうなるの?

    高千穂神社:鳥居:に行きたいです^ – ^

 12/11  人生繁繁盛から

    蝉のお話を読んで

   鳴蝉潔飢 ( めいせんけっき)である    

   と思った。

  意味は、

   蝉(せみ)は気高く澄んだ心をもっ

   ているので、飢えても露以外の汚れ

   たものを食べることはないという

  伝説から

  蝉のように日々大切に生きたいです。

12/18 時代考証と言うお仕事を知って

   大河ドラマを観る時このお仕事の角

   度から観てみようと思った。

 社説から

  センスのあるユーモアが言えるように

  なりたいです。

※知らなかったことを知れる新聞に、出会えて良かったです。

メンバーさんからのご紹介著書

5年生存率15%ですと告げられたそのひと言で大きく動き出した人生

心をつなげる講演家 新崎江里さんの

「バラバラになった心をつなげる方法」

です。

読む会and新年会も楽しく過ごせました。

ご参加の皆さんありがとうございました。

来月から、読む会の会場は

神戸中央区文化センター】に変わります!!

 本年も宜しくお願いします。

今年もお供え物をたくさんいただきました。

毎年覚えて下さりありがとうございます(*^^*)

啓翁桜は山形長井市から

バラアレンジはみやざき中央新聞社から

フルーツは読む会メンバーさんから

名張の章姫は親友から

 優しい香りがいっぱいです^ – ^