ブログ

スタッフブログ

12月 ワクワク読む会in帯広♪♪♪

#読む会帯広 第38回報告
2023.12.17(日) とかちプラザ18~20時  11/27~12/11発行分

帯広も16日にドッと雪が降り根雪になりました。
いよいよ本格的な冬将軍到来です。とは言え…私(工藤)が高校生くらいまでは、−30℃なんて当たり前でしたから…今は暖かいものです♪年内最後の読む会も楽しい共有の2時間でした。
❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎❄︎
■3002号の、水谷もりひと編集長自身が書いたMiyachuアーカイブスで、私は今更ながら「パラサイトシングル」という言葉を知りました。「パラサイト人類と言われないように、」という最後の表現でしたが、人類はパラサイトである限りは地球と共生しているのだと思います。核爆発物とか残されなければ人類がいなくなっても地球が死ぬとは思えませんが、パラサイトシングルがいなくなったら、生き甲斐が無くなり認知症や病気で死んじゃう親達がほとんどなのではないでしょうか?(出田)

■帯広読む会は38回目
約3年間継続できていること、みんな素晴らしい!
今回も楽しい時間でした。

僕が気になった記事は「日々生きる練習」
まず素直にやってみようと思った。
何でも実践&継続…そのなかできっと変化を感じられると信じている。

さぁ今年も12/31最後の夕陽を拝む予定
2024年も素晴らしい1年にするぞ!(杉江)

12/4 3003
孤独死 その数字の多さに これだけ多くの人が 誰にも知られずに 亡くなる 日本人としての会話 言葉を忘れているのか   もっと 人との交わり  町内会 老人会 神社 小学校 人が来ない現象  限界集落では 護持運営できない神社など 子どもたちを 本来の姿に 戻さねばと思うのでありました(薮田)

■読む会も3年を過ぎますと、一つのテーマから枝葉が伸び
“過去にこんな似た記事あったよね!そうそう あったあった‼︎”
と益々話が盛り上がります♪
同じテーマの感想でも、其々の経験によって記事の捉え方も違い興味深く、共有する事が如何に大切か!と回を重ねるたびに感じています。
*12/4. 3003号 アーカイブス
『命のビザ』二つの言葉に心揺さぶられました。
①”民族”の約束
②”一番美しい日”
1: 今  私達日本人は、”民族”と言う言葉を意識して使う事があるだろうか…⁈ とても重い響きです。
2 : 杉原さんの息子さん
『今日は僕にとって‥”一番美しい日”でした』この様な表現をあまり耳にする事がなく、新鮮でとても美しいと感じました。
この感性は、ご両親から受け継いだものでしょうね。
言葉とは本当に魂を表すものだなぁ。。と心に沁みました(工藤)

今年も1年間、沢山の感動を届けて下さり、スタッフの皆様
ありがとうございました♬