ブログ

スタッフブログ

3月 ワクワク読む会in帯広

日本最北の地で盛り上がっている帯広読む会(*^^*)

パワースポット読む会で、心の充電最高ですね♪

#読む会帯広 第41回報告
2024.3.31 (日)カチプラ305
2/26~3/25(3013~3017号)

雨で雪も溶け、庭の冬囲いも必要なくなりました♪とは言うものの、未だ肌寒く朝晩は暖房が必要な帯広です! 今回は『あの日』にまつわる其々の物語に心揺さぶられました。『戦争をしないために』も熱い意見が盛り沢山で熱気に溢れていましたよ~~♪
ひと月に一度のパワースポット  読む会です♪

■3/11 3015号ウクライナ戦 報道されない真実を知りつつ 中心的国防の立場の方がコメントされる内容を記事にすること すごい技 だと 感心しました(薮田)

■今回も楽しい2時間でした。前段の「1カ月の近況報告」だけで40分、、、急ぎで始めましたが、ちゃんと時間通りに終わる、素晴らしいでしょ!
(2/26  3013号)
僕は「あの日」のことを心に刻んで…が刺さりました。
みんなが同感だったみたい。
今に繋がるそれぞれの「あの日」のエピソードが興味深かった。また来月が楽しみだ!(杉江)

■ 3015号の「戦争をしないために日本人が今、考えるべきこと」という記事で、
最後に「ウクライナ侵略から私たちは学ばなければなりません」と書かれていますが、
そう言っているこの大学教授が述べているその為の内容が、いわゆる「ウクライナ侵略戦争」と呼ばれているものの真実を検証しようともせずに言っていますね。
そもそも真実を隠して、日本が戦争ができる国として税金を軍事に費す為に国民を奮い立たせるという役目が、この人にはあるのでしょう。それが現実で、今、日本で起きている事なんですね。
ウクライナ政府が、ウクライナから独立したい人達を8年間に1万3千人虐殺し、今でも一般住民やロシア本土の一般庶民にミサイルを打ちこんでいて、ロシアがミサイルを打ちこんできたのはそれをやってるNATOのウクライナ軍だけだというのは、そもそもどっちが「侵略」でしょうか?

今年の夏のアメリカ大統領選を機に、戦争で極限にしたドル借金を踏み倒してアメリカ合衆国を崩壊解体させる計画も見てとれ、伴って2026年に沖縄から米軍が撤退する計画もあります。
アメリカの傘が無くなるから日本の国防の為に日本人の血税から搾り取る。
その為の宣伝がされている、そしてそれが日本の政府の方針、そうやって大学で子供達に教えている、 これが現実、というのが、この記事で身にしみました。
そして、日本がどんなに沢山、外国に向けたミサイルを増やしても、たった1本でも当たらないやつでも発射すれば、敗戦国の日本を、沖縄戦、パレスチナ、バフムトの様に焼け野原に日本を焼き尽くして弾薬の消費で軍需産業が大儲けをする、それが条約で決まっていますね、だから、この大学教授が言っている事は、詐欺で血税を搾り取る、それが現実なんですね。

今、どれだけ経済制裁を受けても、ロシアは豊かに潤っています。毒物にまみれた外資が経済制裁によって出て行ったので、ますます健やかに豊かになっています。
持続的な農業と食料が最強だと証明しています。

戦争をしないために日本人がいわゆる「ウクライナ侵攻」から学べる事はたくさんありますが、この大学教授が宣伝している様にその嘘の意味を使われて、私達が税金をむしり取られている現実を、私達は本当にどうしようもできないまま、泣き寝入りするしかないのでしょうか。(牧子)

■3/4 3014号『横田拓也さんの
拉致問題 』重くズシリと響きました。マスコミの”報道しない力” の恐ろしさを改めて痛感。社説『知ること』は愛することの始まり(3015号)大事なことほど知らされていない我が国!に通じます。
■3/11(3015号)『戦争をしないために』‥違和感を感じるところもありました。
(上記お二人の意見と同じです)
“最大の国防はよく教育された市民” その通りだと思います。誰がどの様な教育をするのか⁈が問題‼︎
■3/18(3016号)『やっと見つけた人生を生きる意味』
ガチガチ唯物論者は、生きる意味、人生の希望が見出せないと‥ 死んでしまった方が良い!と考えるのか…と驚いた。
■2/26(3013号) アーカイブス 私の『あの日』は、弟の”死”と息子の”誕生” 。その繋がりを34年後に確信しました。
決して忘れない”あの日”天の彼からのメッセージ(kanae)

☆第42回読む会
2024.4.28(日)
とかちプラザ305   18~20:00
4/1~4/22発行分